未分類

女性ホルモンの補充が目的ならクリマラ

日本の女性は、平均的に約50歳で閉経を迎えると共に前後5年間は急激なホルモンバランスの変調によってホットフラッシュやスウェッティングなどの症状を伴う更年期障害を発症します。
現在では無理なダイエットや過剰なストレスの蓄積などにより、20歳代や30歳代の若い年齢でも更年期障害様相の症状に苦しめられるプレ更年期障害や若年性更年期障害の患者が増加しています。
女性ホルモンの補充によるホルモンバランスの改善を目的としてクリマラやプレマリンを使用する患者もいます。

クリマラは、エストラジオールやエストリオール及びエストロンの3種類の卵黄ホルモンのエストロゲンのうち最も強い効果を発揮するエストラジオールを配合した貼るタイプの女性ホルモン剤です。
毎日服用する必要のある経口型と異なり腹部や臀部に1回貼るだけで7日間血中のエストラジオール濃度を一定に維持する医薬効果を発揮する女性ホルモン剤です。
クリマラは、腹部よりも臀部にパッチを貼った方が医薬効果が高い特徴があり、パッチを張ってから8日目以降は医薬効果に差がなくなります。
血中のエストラジオール濃度が安定する事でホルモンバランスが整えられ更年期障害の症状が改善します。

プレマリンクリームは3種類あるエストロゲンのうちエストロンを主成分とする統合型エストロゲンが主成分となっています。
統合型エストロゲンは更年期障害治療の女性ホルモン補充療法にも用いられている卵黄ホルモン剤です。
体内で活性代謝されエストラジオールとして作用し、ホルモンバランスを整える事で更年期障害や若年性更年期障害の症状を改善するホルモン剤です。
プレマリンクリームはエストラジオールの約50%程度の効果を有するエストロンを主成分としている事から医薬効果自体は強力ではありませんが、膣や気になる部位に簡単に塗布し効果を実感出来るメリットがあります。
外用薬なので比較的副作用が少ない女性ホルモン剤ですが、乳房痛や乳房緊満感、不正出血などの副作用を発症する事もあります。

更年期障害ってどういう症状?

女性ホルモンの減少と共にさまざまな症状に悩まされている人も多いですが、我慢せずに治療を行うことが大切です。
イライラや精神的な症状が強い場合は家族に当たったり人間関係に支障がでることがある為です。
更年期症状は閉経の時期を挟んで前後5年間と言われていますが、個人差があるので30代後半でも今までとは違う体調不良や身体の倦怠感、ホットフラッシュやめまい、頭痛を感じたら早めに産婦人科を受診するように心がけることも大切です。

更年期障害は女性特有のもので生活に支障を及ぼすほどひどい症状が出ることを言います。
仕事ができなくなったり寝たきりになる女性もいます。個人差があるので症状が辛い人は女性ホルモンの補充などで改善することができます。
40代を迎える頃になると女性ホルモンの減少と共にエストロゲンの量が急激に減るので、ホルモンバランスの乱れによって更年期障害が出るのが一般的です。

個人差もありますが年齢的には30代から症状が出る若年性更年期の人もいます。
ホルモン剤の補充によって更年期障害を緩和させる効果が期待できるので無理をせずに自分に合った治療を行うことが大切です。
クリマラは貼るタイプのホルモン剤でエストロゲンの中でも高い効果が期待できるので、早い人では1週間程すると更年期症状が改善することができます。

ホルモン剤を使う目的は更年期の症状を和らげて、生活に支障が出ないように身体に女性ホルモンを補充することです。
クリマラやプレマリンクリームを使うことで、さまざまな体調不良を改善する効果が期待でき、生活も楽になります。
更年期障害の症状には個人差があり、ストレスが大きく関係していて自律神経の働きが乱れることで症状も悪化します。
我慢せずに自分に合ったものを取り入れることが大切です。