未分類

低用量ピルは避妊以外の効果も期待!

経口避妊薬というとピルであるというように、日本では低用量ピルは経口避妊薬としてのイメージが広く定着しています。
実際に本来の働きとしては「避妊」であり、最も効果の高い避妊法であるとされています。
この薬に含まれているエストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンという女性ホルモンの作用により、女性の体が妊娠していると錯覚するのがその理由で、優れた経口避妊薬であるといえます。

しかし低用量ピルは他にも女性にとって嬉しい効果を持っています。
例えば、よく処方される疾患として生理不順があります。
多くの女性にとって、生理中というと何かと制限があるため大切な予定が重なりそうな場合には準備が必要ですが、生理不順であるとその大変さはより一層のものがあります。
低用量ピルを服用することで生理周期を28日周期に安定させたり、またはしばらく来ないように調整したりすることができるので安心です。

また、生理中の女性にとってつらいのは、腹痛や腰痛、ひどいと吐き気や寝込んでしまう場合もあるという生理痛です。
この生理痛緩和効果も低用量ピルは持っています。
しかも嬉しいことに、月経血量の減少にも効果があるということなので、痛みが軽くなるだけでなくどっと出血するときの不快感や下着を汚す心配などからも解放されるかもしれません。

生理痛緩和に加えて、生理前のイライラ(PMS)を軽減する効果も報告されています。
生理痛だけでなく、その10日程度前から始まるとされるイライラや胸の張り、体調不良等の諸症状が緩和されます。

さらに子宮筋腫や子宮内膜症といった、女性特有の病気に対しても効果が認められています。
特に痛みの緩和や、出血の軽減などには効果があるようです。
子宮内膜症に対する低用量ピルでの治療は海外でよく用いられる方法ですが、手術などを行わないため体への負担は比較的少なく済みます。
日本でも子宮内膜症の治療用として認可されているものがあるため、受診時に相談してみるのもよいでしょう。

そして、あまり女性ホルモンと関係が無いようにも思われますが、骨粗しょう症の予防効果もあります。
骨粗しょう症は閉経後に急激にエストロゲンが減少することが要因の一つとしてあるため、こういった薬が予防効果を発揮します。

このように女性の体にとってつらい数々の症状に対して、低用量ピルは効果があります。
ただし、副作用もあります。乳がんや子宮頸がん、血栓のできるリスクが高くなってしまうため、服用を始めたら必ず定期的に検査を受けることが大切です。
知識をもって服用すれば、きっと毎月の不快感やつらい症状を緩和してくれる強い味方となるでしょう。

生理痛緩和にも活躍する

経口避妊薬の低用量ピルを服用することで、女性の人生において切り離すことのできない生理習慣を劇的に改善させる効果があることがわかっていますが、中でも生理痛緩和は女性にとっては非常に嬉しい作用です。
一口に生理痛といっても全く感じない女性もいれば、寝込んでしまうほどひどい方もいます。
後者の場合日常生活にもかなりの支障をきたしてしまうので、これが毎月襲ってくるとなると長い人生で考えると不幸という言葉以外にありません。

低用量ピルを服用することで生理時の経血量が驚くほど減るわけですが、生理が来る前から始まる下腹部の痛みが和らぐのは、経血がどういったものなのかを知れば理解できます。
この正体は本来妊娠をしていれば受精卵が着床するはずであった子宮内膜です。
妊娠に至らなかったために分厚くなった子宮内膜が剥がれ落ちて体外に出てくるのが生理で、子宮内膜症を患っている女性ほど生理痛がひどいのもこのためです。

低用量ピルを飲めば身体はすでに妊娠をしている状態になっていると脳は誤解します。
そのため子宮内膜が厚くなることもなく、結果として子宮筋腫の予防になり経血量の減退やPMSの緩和、そして生理痛に悩まされることもなくなるわけで、ブルーディを普段と同じように快適に過ごせるようになるのです。
同じことから子宮内膜症といった病気の治療薬としても処方されることが納得出来ます。

毎月ひどい生理痛に悩まされているとそれだけストレスもたまりホルモンバランスも崩れてしまい、生理不順や肌荒れなど困った症状も併発してしまいかねません。
それほど女性の身体と心はホルモンバランスが支配しているといっても過言ではなく、このバランスを整えられる低用量ピルは日常生活の質の低下を防ぐ特効薬です。