未分類

万が一のために、アフターピルも用意しておく

アフターピルというのは昨今よく聞くようになった薬の一つです。
アフターピルにはアイピルやノルレボと呼ばれるものがあります。
アフターピルは通常医薬品以外にも、ジェネリック医薬品としても販売されており、安価なため手に入れやすいです。
日本ではアフターピルよりも普段使いの用量が少ないピルの方がメジャーですが、海外ではどちらも同じぐらいメジャーです。

アフターピルは通常使いしているピルを飲み忘れた時などに服用します。
飲み忘れた時だけではなく、普段使っているピルの買い忘れなどによるリスクを回避するために、常に携帯している人もいます。
普段から持っておくことでこのようなリスクを回避し、安全に避妊効果を得ることが出来ます。
飲み忘れや買い忘れは誰にでもあり得るので、万が一のためにもアフターピルを携帯しておくと良いです。

さらに、普段はピルを使用しておらず、コンドームによる避妊を行っているが失敗してしまった時にもアフターピルは役立ちます。
避妊の失敗は性交渉を行っていれば誰もが直面する可能性があり、自分の身を守るためにも持っておくと安心できます。

また、上記以外にも、レイプ被害にあった場合などにも使えます。
レイプ被害にあった場合、相手の人が避妊具を装着している可能性は皆無に等しいです。
ゆえに緊急時の対処法としてアフターピルは役立ちます。
アフターピルを摂取すれば緊急避妊が可能であり、レイプ被害による妊娠リスクを大幅に低下させることができます。

以上のようにアフターピルは様々な使い方が出来ます。
一つ持っておくだけで、自分の身に降りかかるリスクを回避することが出来ます。
万が一のためにも所持しておくと良いでしょう。
ピルの種類によっては体に合わない場合もあるため、最低でも初回購入時は医師の診察を受けておくことでより安心して服用することが出来ます。
いざという時のためにも安全安心のピルを見つけ、所持できるようにしておくのが理想です。

アイピルとノルレボがおススメ

数あるアフターピルの中でもおすすめなのがノルレボであり、アイピルです。 ノルレボは日本製のアフターピルで、海外の品に比べて安全性や有効性が期待できます。
国際的にも認められており、WHOにおいても緊急避妊の必須薬として認められているのです。

アイピルはノルレボのジェネリック医薬品となります。そのためお値段も安く購入することができます。
どちらも性交渉の後72時間以内に1錠服用するだけで避妊効果が発揮されます。
たった1回だけでよいので飲み忘れの心配がなく失敗する危険性が少なくて済みます。

アフターピルはとにかく早く服用することで避妊効果が高まります。
レイプ被害にあってから病院に行って処方してもらっていては間に合わないかもしれないのです。
ノルレボもアイピルも病院で処方してもらわなくとも通販を利用して手に入れることも可能です。
女性は、初潮を迎えたときから閉経するまでの間、誰でも妊娠する可能性を持っています。
経済面や年齢で妊娠をまだ望んでいなかったり、すでに子どもたちも大きくなり自身も年を重ねる中でもう妊娠を望まないというときに妊娠してしまったら生まれてくる子どもは不幸です。
堕胎するとなると女性の心と体が傷つきます。

不幸な妊娠をしないためにも、アフターピルを手に入れて常に携帯し、お守り代わりにしてください。
いつどこでレイプなど性的被害に合わないとも限りませんし、パートナーと避妊をしてセックスしていても失敗してしまうことはあるのです。
もしも望んでいないのに膣内に精子が入ったときにはとにかく早くアフターピルを服用しましょう。
72時間以内であれば100パーセント大丈夫とは限りません。
71時間後に服用したときにはかなり避妊率が下がっています。