未分類

マーベロンという低用量ピルはどう?

低用量ピルにはたくさんの種類があり、人によって合う合わないが出てきます。
この弊害をできるだけ抑えようと考えて作られたのが、第3世代の低用量ピルと呼ばれるタイプです。
マーベロンはこの第3世代の低用量ピルに含まれます。

マーベロンの特徴は、卵胞ホルモン薬として第3世代のデソゲストレルが含まれていることと、卵胞ホルモン薬としてエチニルエストラジオールが含まれていることです。
これらの成分が含まれた第3世代の低用量ピルは、黄体ホルモン活性と子宮内膜活性が活発になる一方で、不正出血を引き起こしにくいのが特徴です。
さらに、男性ホルモン作用も相対的に少なくなっていることから、ニキビなどに悩まされることも少ないお薬です。

低用量ピルというと、たいてい28錠入りになっているというイメージがありますが、マーベロンには21錠入りと28錠入りがあります。
低用量ピルの服用方法には、女性ホルモン入りの21錠を飲んだら、続く7日間は飲まないようにする必要があります。
自分で数えて忘れないようにするのが不安という人は、7錠だけプラセボ薬が入った28錠入りを選択するのがベストでしょう。
プラセボ薬とは、薬剤が入っていない薬のように見える偽薬のことで、飲んでも体に影響はありません。
28錠入りを選択した場合、すべて飲み終えたら次のシートを飲み始めることで、成分を摂らない期間を設けることができます。

昨今、先発医薬品と同じ効果を持つとされる後発医薬品がたくさん登場しています。
マーベロンにも、ノベロンという後発医薬品があり、価格が安いのが特徴です。
マーベロンを試してみて副作用が出なければ、価格の安いノベロンに切り替えることで、金銭的負担を抑えながら、長期間使用することができます。
ただし、マーベロンには血栓を作りやすくするという作用があることから、血栓による梗塞が起こる可能性がある人は飲めないため、医師の指示に従って飲むことが重要です。

ところで副作用って大丈夫なの?

マーベロンは卵胞ホルモン薬のエチニルエストラジオールや黄体ホルモン薬のデソゲストレルが配合されている低用量ピルで、避妊効果を求める人などに利用されています。

これからマーベロンを利用してみたいと思ったら、副作用についての不安があるのではないでしょうか。
マーベロンの副作用としては、吐き気や腹痛、むくみなどが出ることがあります。
また、不正出血や頭痛、乳房の張りなどはこの薬を飲み始めた初期に起こりやすい副作用とされています。

マーベロンの副作用として心配されるのは、長期間服用し続けているとごくまれに乳がんや子宮頸がんを発症するリスクが上昇する場合があることなので、定期的に婦人科でこれらの病気の検査を受けると良いでしょう。
それから、発生頻度は低いものの副作用によって血栓症になることがあるため注意が必要です。
血栓症になると血管の中に血液が固まったもの(血栓)ができますが、血栓が脳や心臓などの動脈に詰まってしまうと脳梗塞や心筋梗塞といった重大な病気を引き起こす恐れがあります。

マーベロンを飲む時に副作用が起こるリスクを下げるには、指示された通りの服用方法を守ることが大切です。
例えば、飲み合わせに注意が必要な薬がありますので、それらと一緒に飲まないことを心がけると安全にマーベロンを使用できる可能性が高まります。
その他にも、血栓症になるリスクを下げるためには禁煙することや水分不足にならないように気をつけることも有効です。
長時間飛行機や車に乗ることがあれば、時々歩いたり足のマッサージをするなどして血流を良くして血栓症を防ぐのもおすすめです。

ところで、ノベロンはマーベロンの後発医薬品で、配合されている有効成分がほとんど同じなので、起こる可能性がある副作用も同じようなものになります。
マーベロンもノベロンも、副作用や気になる症状が起こって不安になった時は婦人科の医師に早めに相談して対策方法を聞くと、安全に使用できるでしょう。