トリキュラーを買うなら通販で!

彼氏の性欲が強ければトリキュラーを通販しておいた方が安心です。
トリキュラーは世界中で用いられている低用量ピルで、日本でも1987年から販売されています。
そのため、安全性も非常に高い低用量ピルであると言えます。
女性主導で避妊を行うことができるので、望まない妊娠を避けることができます。
たとえ性欲の強い彼氏にコンドームをつけないまま膣内で射精されてしまっても、低用量ピルであるトリキュラーを服用しておけば妊娠の可能性はとても低くなります。
トリキュラーは通販でも購入できますが、通販のメリットとデメリットを理解して賢く活用することが大切です。

トリキュラーってどんなもの?

トリキュラーは、エストロゲンの含有用が50マイクログラム以下である低用量ピルに分類されるピルで、エチニルエストラジオールと呼ばれる卵胞ホルモンとレボノルゲストレルと呼ばれる黄体ホルモンが配合されている薬です。
トリキュラーを服用することによって、エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とレボノルゲストレル(黄体ホルモン)が血中に十分に存在することになるため、脳が性腺刺激ホルモンの分泌を抑えるようになり、その結果、卵巣の活動が休止され、排卵が抑えられるようになります。

トリキュラーを服用すると、脳が卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンの分泌を抑制するようになり、排卵が起こらなくなります。
排卵が起こらなければ妊娠することはありません。
これがトリキュラーを服用することによって避妊が可能となるメカニズムです。
トリキュラーを服用すると、排卵が起こらなくなるだけではなく、子宮内膜が変化するため、万が一卵子が受精して受精卵となったとしても着床しにくくなります。
受精卵が着床しなければ妊娠することはないため、避妊に繋がります。
さらに、トリキュラーを服用していると子宮頚管粘液という粘液の粘度が高くなることから、精子が子宮内に侵入しにくくなります。
精子が子宮内に侵入しなければ受精することもないので避妊することができます。
これらの効果が相乗的に作用することによって、望まない妊娠を防ぐことができます。

トリキュラーは21錠タイプの薬剤と28錠タイプの薬剤が販売されている低用量ピルです。
どちらも低用量ピルとしての効果は同じですが、錠剤の飲み方が異なるので注意が必要です。
21錠タイプのものは、毎日きちんと同じ時間にパッケージに書かれている順番通りに服用し、錠剤を服用し終えたら7日間の休薬期間を設けます。
一方、28錠タイプのものは、21日間21錠タイプのトリキュラーと同じように薬剤を服用し、7日間は偽薬(プラセボ錠)を服用します。
28錠タイプは錠剤の飲み忘れがないので非常に便利です。
避妊効果は変わらないので、自分に合った方を選ぶと良いでしょう。

トリキュラーは副作用も少ない低用量ピルです。
トリキュラーは三相性タイプのピルで、成分が三段階に分かれて効果を発揮するようになっています。
そのため、段階的に身体の中にホルモンが吸収されるようになっているため、副作用が出にくいように工夫されています。
副作用としては、頭痛・吐き気・下腹部痛などの症状があらわれることもありますが、その症状は軽度であることが多いです。

避妊の確率ってどのくらい?

トリキュラーの避妊効果は90%以上で、ほとんど100%近い確率で避妊に成功すると考えられています。
飲み忘れを含めた一般的な使用における避妊に失敗する確率は9%とされています。
コンドームを使った避妊よりも高い確率で避妊することができます。
ただし、トリキュラー含め低用量ピルを服用していたとしても100%避妊が可能となることがありません。
この点を十分に認識しておく必要があります。

トリキュラーの避妊効果が非常に高いとしても、避妊確率を高くするためには用法用量を守ってきちんと服用することが大切です。
毎日同じ時間帯に1錠服用することでトリキュラーの避妊効果を得ることができます。
もちろん、飲み忘れなどがないようにしなければなりません。
飲み忘れてから48時間以上経過してしまっている場合には、低用量ピルの避妊効果を得られない可能性があるため注意が必要です。
また、低用量ピルを服用する際には水か白湯で服用することが大切となります。
お酒のようなアルコールが含まれているものなどと一緒に服用すると効果が弱まったり、強まったりする危険性があるため注意が必要です。
低用量ピルの効果が不安定になってしまい、避妊に失敗してしまう可能性が高くなってしまいします。
用法用量を守って、同じ時間に規則正しく服用することが大切です。

トリキュラーをはじめ、低用量ピルは基本的に生理初日から飲みはじめることが大切となります。
しかし、この生理初日を間違えてしまうと、正しく機能しない場合があるため注意が必要です。
生理初日とは、生理が始まって24時間以内を意味しています。
きちんと生理を確認してからピルを服用することが大切です。
また、トリキュラーを服用したとしても、嘔吐してしまった場合など、十分に有効成分が吸収されていない場合には、正しく機能しないことがあります。
有効成分が血中に吸収されるまでには、およそ4時間程度の時間が必要です。
そのため、ピルを服用してから4時間以内に嘔吐してしまった場合には、ピルの有効成分も一緒に排出されてしまいます。
有効成分が十分に吸収される前に嘔吐してしまった場合には、正規の服用時間から12時間以内に追加でもう一錠服用する必要があります。
トリキュラーの避妊の確率を高く保つためには、用法用量を守り、正しく服用することが大切です。

通販のメリットとデメリットを知って利用

トリキュラーは通販でも購入することができます。
通販でトリキュラーを購入するメリットは購入価格が非常に安く済むということです。
トリキュラーそのものの値段も通販の方が安く買うことができるだけではなく、初診料や診察料、検査費用などがかかることもありません。
病院ではトリキュラーを処方してもらうにあたって必要となる検査費などがかかる場合がありますが、通販で買えばそのようなこともありません。
非常にお得な価格でトリキュラーを買うことができる点が通販で購入する1番のメリットです。

通販でトリキュラーを買えば、病院へ行く手間も省くことができます。
インターネット環境さえあればいつでもどこでも簡単に買うことができるので便利です。
病院では必要以上の処方を受けることはできませんが、通販であればまとめて買うこともできます。
まとめて買っておいたほうがさらにお得にピルを手に入れられます。
まとめて買っておいたほうが送料もその分節約することができるのでかなりお得にピルを購入できて便利です。
通販で買った場合でも、きちんとプライバシーにも配慮されています。
中身が何かわかりにくいように梱包されて送られてくるので安心です。

通販で購入する際のデメリットとしては、専門の医師の指導を受けることができないことです。
通販で買った場合にはすべて自己責任となります。
病院で処方された場合、医師がきちんとトリキュラーに関して説明してくれます。
トリキュラーの効果や服用方法、副作用などについてきちんと説明してくれるので、安心してトリキュラーを服用できます。
必要に応じて診療も受けることができるため、万が一の場合でも安心です。
一方、通販の場合、自分で服用方法などを理解しておかなければなりません。
通販で購入すると添付書類などは英語表記であることが多いため、英語が読めなければ添付書類などを読むこともできません。

さらに、通販サイトで販売されているものの中には偽物が販売されている場合もあります。
偽物をつかまされてしまう可能性があるのは通販のデメリットと言えます。
偽物は避妊効果がないだけではなく、人体にとって有害な成分が含まれている可能性も否定できません。
悪質なサイトで買ってしまうと、商品そのものが送られてこないこともあります。
通販を購入する場合には、信頼できるサイトで購入することが大切です。

  • NoImage
    未分類

    経口避妊薬というとピルであるというように、日本では低用量ピルは経口避妊薬としてのイメージが広く定着しています。 実際に本来の働きとしては「避妊」であり、最も効果の高い避妊法であるとされています。 この薬に含まれているエストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンという女性...

  • NoImage
    未分類

    低用量ピルにはたくさんの種類があり、人によって合う合わないが出てきます。 この弊害をできるだけ抑えようと考えて作られたのが、第3世代の低用量ピルと呼ばれるタイプです。 マーベロンはこの第3世代の低用量ピルに含まれます。 マーベロンの特徴は、卵胞ホルモン薬として第3...

  • NoImage
    未分類

    アフターピルというのは昨今よく聞くようになった薬の一つです。 アフターピルにはアイピルやノルレボと呼ばれるものがあります。 アフターピルは通常医薬品以外にも、ジェネリック医薬品としても販売されており、安価なため手に入れやすいです。 日本ではアフターピルよりも普段使...